忍者ブログ
我家にやってきた、シベリアンハスキーの伊佐次と家族の珍道中日記。 伊佐次を いなせな男 にする為、日々精進中!

* admin *  * write *  * res *
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
<<04 * 05/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  06>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お待たせしました。
伊佐次、はじめての雪遊び編です。
では早速・・・。

2月3日 今年はじめての雪が降り、朝窓を開けると・・・
Cimg6649.jpg
うひょ~結構積もってます。
では、伊佐次君、庭に出て御覧なさい。
Cimg6651.jpg Cimg6659.jpg
生まれて初めて見た雪に慎重な伊佐次。
Cimg6660.jpg
くんくん匂いをかいで・・・
Cimg6661.jpg
とりあえず食べてみたもよう。
どうですか?伊佐次君。
Cimg6666.jpg
「冷たい!」 by伊佐次
Cimg6673.jpg Cimg6670.jpg
でも、気に入ったようで、走ったり掘ったり、
Cimg6688.jpg
エダの雪だるま作りを邪魔したりして遊びました。
しばらして、また雪が降ってくると
Cimg6678.jpg Cimg6679.jpg
不思議そうに空を見上げておりました。
では、そろそろ、外へ繰り出しましょうか?
今日は、父も休みだったので、一緒に近くの農道へ行ってみると・・・
Cimg6695.jpg
一面雪模様!
伊佐次のテンションもあがります。
嬉しそうです。
Cimg6698.jpg Cimg6702.jpg
では、いつもの東屋へ。
お友達いるかな~。
Cimg6704.jpg Cimg6710.jpg
残念!いなかった!
まあ、かなり寒かったので当然かもしれないが。
んじゃ、雪を独り占めして遊びなさい。
Cimg6712.jpg Cimg6713.jpg
Cimg6717.jpg Cimg6715.jpg
あまり遊ばない。
どうも一匹では、気分が乗らないらしい。
なので、チーズ入りジャーキーを投げて、オヤツ探しをしてみる。
Cimg6719.jpg Cimg6728.jpg
見つけられない・・・。
そして、目で訴える伊佐次。
Cimg6723.jpg
あなた本当に犬なの?と言いつつ教えてあげる。
もう2回くらいやったが、
Cimg6730.jpg
結果は同じであった。(すぐに助けを求める。)
Cimg6732.jpg Cimg6734.jpg
このあと、一緒に追いかけっこして、雪を満喫。
Cimg6744.jpg Cimg6747.jpg
大変楽しいのだが足が濡れて、冷たくてしょうがない。
伊佐次には申し訳ないが、帰路につく我ら。
Cimg6748.jpg Cimg6761.jpg
すっかり雪好きになった伊佐次。
夜も散歩に行って、ぐっすり寝たのでありました。
Cimg6766.jpg
PR
すんません。
昨日、風邪でダウン。
写真整理できず。
また後日。

伊佐次は伊佐次で、ご飯ちょこっとしか食べない。
4日間、まともに食べてない。
雪で遊び回ったから、お腹すいてると思うのだけど。
何故?

親子そろって困ったもんだ。
昨日は、たくさんの雪が積もりました。
はじめての雪に伊佐次は、興味津々。
エダは、そんな伊佐次の反応に興味津々。
散歩に行った際、写真をいっぱい撮ったのが整理できず。
なので、今日は文字だけ。
明日は頑張るのだ。

そうそう、昨日の午後9時半頃、伊佐次が
「夜の散歩行きたい!」
と盛んにないてアピールしていた。
雪がまた降り出し道路も凍っていそうだったので、無視していたら、
自ら首輪をくわえて私の元へ持ってきた。
そして私に熱い視線を送り続ける。
そんな感じで澄んだ瞳に見つめられたら、行かないわけには行かないのだ。
ううん、可愛い(親ばか)

昨日の続きで犬ぞりの話。

翌日、ホテルまで迎えに来てもらって、いよいよ犬ぞりハイキングの幕開けです。
Cimg6424.jpg
うちらの他にも、参加者が3名おりました。
岡山から来た親子の母Tちゃん、小学6年生R君、大阪からの一人旅のKさん。
50分ほど車にゆられ辿り着いたところには・・・
Cimg6431.jpg Cimg6432.jpg
犬がいっぱいよ~♪
素敵素敵~!
中には、私の超タイプな犬までいたのです。
伊佐次よりかなり大きく、一見すると狼にしか見えない。
その名もハリー。
Cimg6446.jpg
しかし、彼は人見知りするタイプで犬ぞりはしないとのこと。
たしかに、近寄っても逃げていく。残念。

さて、まずソリの説明などを聞きます。
器具の種類(ドッグライン、ネックライン、アンカーなど)や使い方を教えてもらい、人引きソリで練習。
意外と簡単に人を乗せて引っ張れる。先生いわく
「犬ぞりは犬が大変だと思われていますが、簡単にお子さんでも引けます。マッシャーの仕事は、いかにサボっている犬がいないかチェックすることです!」
とのこと。
でも「上り坂のときは、ソリ降りて走って手伝ってあげると喜びますよ。」とのこと。
自分に余裕があったらやろう・・・。

練習の後は、いよいよお犬様をつないで走ります。
もちろんお犬様にハーネスをつけるのも、つなぐのも自分達でやります。
とりあえずソリの場所まで、お犬様を移動。
Cimg6448.jpg Cimg6449.jpg
みんな流石に力強い!
伊佐次で慣れているとはいえ、引っ張られました。
ハーネス付け作業は、以外に簡単。
お犬様達は、うちらがやりやすいように自ら動いてくれるのです。
(伊佐次もこうなってくれれば楽なのに。胴輪だと逃げ回る)

ハーネスの後は、ソリにつなげます。
Cimg6450.jpg
つける順番は、①リーダー②サブリーダー③④サポートメンバー。
リーダーを先につけるのは、ソリ引くロープが弛まないように先頭で待っていてもらわなければならないから。
さすがリーダー、じっとしていてくれました。
ちなみに私担当のそり犬様は、この方々。
Cimg6452.jpg Cimg6453.jpg
リーダー ピケ君
サブリーダー レオン君
サポート ノース君、タロ君
全員男の子です。
「よろしくお願いします。」と声をかける。

で、走る並びは、①先生(スノーモービル) ②R君 ③Tちゃん ④エダ ⑤Aちゃん ⑥Kさん。
この中で一番大変なのは、⑥Kさんだそうだ。
何故?と思っていたが、それはすぐ身をもって知ることになる。

最初に先生出発し、少し先のカーブを曲がって、姿が見えなくなったら次が出発(ソリは急に止まれないので、充分に距離をとる為)ということでチャレンジ開始。
先生が行った~。
R君が行った~。
ここで、順番を待っていたお犬様達がご乱心。
自分達も走りたいものだから、ソリを引っ張り始める。
ブレーキを足でしているのだが、アンカー(いかり)は外している為動く。
これを最後までやらなければならないKさん・・・大変だ。

いよいよエダが出発。
「ハイク!」(出発の合図)
と言うと同時にブレーキを外すのだが、足がもつれる(笑)
しかし、なんとかスタート。
スタートダッシュは、お犬様達の気持ちが急いているのでメチャクチャ早い。
しばらくすると並足状態になったのだが、写真を撮りたくてもそんな余裕はない。
道は作ってあるのだが、山道である。
しかも、お犬様達はいきなりトイレしたり雪食べたりするので、そりでひかないように気が気でない。

ある程度走り続けると、先生達が待っていた。
一旦休憩して再出発というときに、事件は起きた!(エダだけ)
アンカーを外しているときに、うっかりブレーキも外してしまったのである。
軽くなったので、走り出すお犬様達。
止めようとして引きずられるエダ。
必死に手でブレーキをかけるも、焦っていてコマンドを「ステイ!」と間違って言っていた為、お犬様は反応せず。(止める時は、「ウォー」と言う)
先生が止め言葉を言ったのと、私のアンカーが前にいたTちゃんのソリに引っかかったので、なんとか止まる。
最初の落そりの人になってしまった。トホホ。
その後、なんとか走り続け、休憩テント(モンゴルのパオ)に到着。
お犬様をソリから外し、ハーネスも外す。
そして暖かいプロテイン入りスープをあげる。
ものすごい勢いで飲む犬達。(空になると、容器がすぐ凍りはじめたのでビックリ)
この後、テントに入って人間も休憩。
モンゴル式テント内にはストーブもあり、とても暖かい。
そこで エゾシカシチュー をいただく。
Cimg6459.jpg
とても美味しい!
猟師さんから丸々1頭買って、犬達も食べてるんだって。
鉄分豊富なんだそうだ。
ちなみにお犬様の夜ごはんは、 アーテミス(ドッグフード)+エゾシカ肉 だって。
フードを食べない伊佐次には、参考にならないメニューだった。残念。

さて、帰りだが、多少の余裕は出て来たので、ビデオを撮ってみる。
氷点下だとカメラはデータ保持の為に電源を自動で切ってしまうので、少ししか撮れなかった。ブログには、重くて載せられない。それに、コマンドを間違えているところが、バッチリ証拠として残っているので恥ずかしいから編集もしない(笑)
そんなことをしつつも帰りは、落ソリせず無事帰還。
Cimg6467.jpg Cimg6462.jpg
話によると、AちゃんもTちゃんもKさんも落ソリしたらしい。
私だけじゃないのよ~。
この後、お犬様のハーネスを外し、ホテルで夜走る犬はキャリーへ入れる。
Cimg6470.jpg Cimg6491.jpg
Cimg6472.jpg Cimg6492.jpg
丸まっているしかないスペースだが、狭い方が移動の際安全らしい。
Cimg6469.jpg Cimg6490.jpg
こんな風に車につないであります。

お留守番組は、自分の小屋でお休みタイム。
私は、またハリーにアタック。
動かないで待っていると、やっとここまで来てくれました。
Cimg6484.jpg
が、ここで時間終了。
結局、触れませんでした。
ちなみに、R君にはお腹まで見せ心を許していた。
子供だといいのかな。
帰りは、お犬様達と一緒にホテルへ。
Cimg6498.jpg
とにかく楽しい犬ぞりでございました。
体中、筋肉痛になったけど。
「来年は、一泊二日の犬ぞり旅行に挑戦だ~!!
(モンゴルテントに泊まるのだ)
伊佐次も犬ぞりさせるぞ~!!
うおーーーーーーーーーーー!!」
Cimg6523.jpg
と気合を入れて、翌日帰路に着いたのでした。

今日は、雪が降りました。
でもベチャ雪です。しかも少ないです。
これでは、伊佐次は遊べません。
エダも遊べません。
なので、エダだけ先にパウダースノーが降る所へ行ってきました。
JAL乗って。
なので、伊佐次は貨物室になっちゃうので、残念ながら今回はお留守番。
Cimg6357.jpg
快晴で、なかなか快適な空の旅でございます。
Cimg6361.jpg
約1時間で到着。
おお、雪があります。
機内アナウンスでは、「外は-14℃です。」とのこと。
Cimg6366.jpg
さて、ここまでは近かったが、ここからが長い!
バスで3時間かかります。
見る感じ、雪は少ない。
Cimg6367.jpg
寒いのは嫌だが、雪国に来て雪が無いのは嫌である(笑)
少々ガッカリしたのだが、目的地についてみると・・・
Cimg6386.jpg
おお!見事な雪景色!
これなら目的が果たせそうである。
というわけで、私、
北海道のトマム
にやってきたわけです。
トマムといえば、スキーやスノボーなどのリゾート地。
ヘリをチャーターして頂上から降りるということもできますが、そんなことをしに来た訳ではございません。
これは、やったけど。
Cimg6388.jpg
スノーモービル!
(あ、私のとなりに写っているのは、同い年の従姉妹でございます。)
意外と簡単で楽しかったです。
暗くなって道間違えて、先生(カッコいいノルウェー人)に新たな道を作ってもらったけど(笑)
Cimg6395.jpg
景色も綺麗でした。満足、満足。

では、実際何にし来たのか・・・
それはですね・・・私の夢・・・
犬ぞり でございます!!
ここでは、体験できるのです!
しかもレースタイプではなく、実際に荷物を運搬するように訓練された犬達に、一日みっちり渓谷を走ってもらうのです!
しかも、4頭引を一人で乗るのだ!うひょひょ♪
いろいろ探したのですが、北海道しかなかったのよね。
で、従姉妹も道連れにやってきたわけです。
とりあえず初日は移動日と考えていたので、ご飯を食べた後ホテル敷地内を散策することに。
Cimg6396.jpg
さすがリゾート地。ライトアップされております。
氷の教会なんぞもあったのですが、うちらが目に付いたのはこちら。
Cimg6403.jpg
どうやら、敷地内を回るアトラクションをやっているらしい。
とりあえず、氷でできた受付所に入ってみる。
Cimg6404.jpg
写真ではよくわからないが、4頭の犬が遠吠えしている氷の像があった。
さらに先へ進むと・・・
Cimg6407.jpg
いた!犬がいた!しかも10頭も。
Cimg6409.jpg
今は休憩時間だそうで、皆休んでいた。
超可愛い。
こちらが、リーダ犬の2頭。
Cimg6414.jpg Cimg6413.jpg
さすがに落ち着いてます。
他のメンバーも静かだったのだが、1匹だけ大騒ぎしている子が。
Cimg6418.jpg
写真でいうと手前から数えて2列目の右側白い子(名はリク)
「走りたい!走りたい!!」とないておりました。
(隣の子は、ものすごくうるさそうな顔をしておりました(笑))
で、こんな姿を見ていては、体験したくなるものです。
明日、実際やるというのに、乗ってみることに。
Cimg6419.jpg
二人まで乗れるので乗ったのだが、この状態はかなり笑えた。
私なんて首しか出てないもん。
で、いざ実際走ってみると・・・
めちゃくちゃ早い~!
あっと言う間で写真は撮れなかった。
ビデオは撮ったけど、暗くてチラチラとしか見えないし。
(夜モードにするの忘れた。お馬鹿)
予想以上の速さに、自分で乗ることが出来るのか不安になる我ら。
しかも、この犬達が実際に、明日、我らを引いてくれるということも判明。
(運営場所が同じだった)
さて、どうなることやら・・・。

次回へ続く

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
(05/08)
(05/01)
(04/30)
(04/24)
(04/20)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
伊佐次
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 伊佐次がゆく! All Rights Reserved