忍者ブログ
我家にやってきた、シベリアンハスキーの伊佐次と家族の珍道中日記。 伊佐次を いなせな男 にする為、日々精進中!

* admin *  * write *  * res *
[1]  [2
<<03 * 04/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  05>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Cimg1904.jpgどうも。
先日、「おもちゃ取って来い」遊びをしていて、おもちゃを見失っちゃって
代りにオヤツに貰ったけど吐き捨てておいた砂肝を持っていったら
「それは、おもちゃじゃない~。食べ物なの~。」と
エダママを泣かせた伊佐次です。



28d74141.jpeg今日は、19日のお話です。
日曜日、「エダママが出かけるよ~。」と言うので、
喜んで着いていった僕。







b656b78f.jpeg今日は暑いけど、お出かけは大好き。
着いたところは・・・








863ba764.jpeg大好きな病院でした!
いやっほう!!

と、喜び勇んで入っていったのですが、
なにやら、シャンプーではない模様・・・。
先客さんは、診察室で泣いてるし・・・。
も、もしや診察?
何だか不安になっちゃって、エダママに乗っかってピタッとくっついちゃった。
でも、受付に大好きなお姉さん出てきたから、エダママふっ飛ばしちゃったんだけどね。

案の定、今日は診察室で注射でした。
毎年恒例の狂犬病だって・・・。
まあ、あっという間に終わったんだけど。
僕、暴れないし。
で、皮膚の状態も見てもらって帰宅しました。

9b413ca4.jpeg
期待外れだったけど、しょうがないよね。
こればっかりは。

気分転換に、隠しておいたグリニーズ食べます。
わりと好きなのです。




23a30a6e.jpeg
注射したせいか、眠くなっちゃった。
では、風が心地よいベランダで
おやすみなさい・・・。


 

PR

先日、伊佐次は抜糸に行ってきました~。
さぞかし、病院を嫌がるだろうと思いきや、ダッシュで院内へ。
先客さんを待つ間は、おとなしくしてました。
が、先生が現れるやいなや、興奮状態に!
ベロベロ舐めるは、飛びつくわ、すごい喜びよう。
治してくれたのが判るのね~。
病院嫌いになってなくて良かった、良かった。
と思っていたら、先生が一言。

「添い寝したんですよ。」

え?添い寝?マジで?
詳しく聞くと、入院中ゲージ内で 「スィンスィン」 泣いていたのだが、そのうち伊佐次血族特有と思われる 「ウモウウモウ鳴き」 (ウォウウォウではない。)が発生。
そこで、先生がちょっと添い寝すると、安心して寝たようです。
申し訳ありません・・・実は、ゲージで寝たことないんです・・・。
さぞかしうるさかったことでしょう。
他の患者さんも、ゴメンナサイ!!
散歩も先生が行ってくださってたそうで・・・。
重ね重ね、ありがとうございました。

うちらは、
「帰ってきてから、更に聞き分けが良くなって、一人で苦労して大人になったのね。」
と思っていたのに、一人じゃなかったのね!!

2e1914b5jpeg

「だって、寂しかったんだもん。」 by伊佐次

・・・まあ、甘やかしていたしなぁ。
伊佐次と一緒に反省しないとな。
お互い頑張ろうね、伊佐次。


昨日、伊佐次は病院に行って来ました。
久方ぶりの病院です。
何故、病院に行ったかと申しますと・・・

虫が付いてしまったからじゃ~

ゴマ粒サイズの黒い虫が鼻筋に、10匹ほどいたのでございます。
そーいえば、フロントライン(病院でもらうノミ・ダニの薬)
付けるの忘れてた・・・。
ごめんね、伊佐次~。ど阿呆なママを許して。

はじめは、取っては潰し、取っては潰しをしていたが、
伊佐次は痒がって痒がって、夜も眠れなくなってしまいました。
これは、マズイと病院へ。
伊佐次は、久しぶりに先生に会えたので大興奮の喜びよう。
ウォウ、ウォウとしゃべりまくる伊佐次を
先生は上手いこと宥めつつ、うちらに質問。

先生 「ゴマ粒サイズでした?大豆サイズでした?。」
母  「黒ゴマみたいなやつ。」
先生 「なら、ノミですね。取ったやつどうしました?」
母  「紙に取って、潰しました。」
先生 「潰すとその瞬間に卵が飛び出してしまうのでマズイですね。」
うちら 「え・・・、出るんですか?」
先生 「卵には、バルサンも効かないようです。」
うちら 「あらら・・・。」
先生 「ちなみに、10匹いたら約10万個の卵を産みます。」
うちら 「本当ですかー!」

「紙には挿んだが、10匹は取って潰した。」と母は言った。
じゃ、10万個の卵が飛び散ったことに。
うええ・・・。
じゃ、どうやって処理すればいいのか?

先生 「コップに水を入れて、そこに入れてトイレに流してください。溺死するんで。」

だって。
あと、注意事項として

・卵は白くてポロポロと落ちるので、こまめに掃除する。
・一度使ったタオルは、洗濯してから使う。

とのこと。気をつけます。
薬が効いてきたのか、家に帰っても掻いたりせず
ゆっくり寝ておりました。
よかった、よかった。

いきなりですが、伊佐次のうんちがゆるい。
ご飯の種類替えてないし、理想的なのをしていたのになぁ。
一日の量を今まで2回上げていたが、
3回に小分けすると良い
と聞いたので、早速試してみた。

・・・さらにゆるくなった。
なぜ?
ご飯食べたら、すぐうんちするのが日課になっているようだが、
消化しきれないまま出してしまうのか?
消化してから出そうよ・・・。

それとも散歩中に、いろんな草を食べるから
へんな虫でも入ったか?

それともそれとも、R2D2をけしかけたのが、ストレスになったか?
(このR2D2、声に反応して勝手に動くんです。
英語で話しかければレイア姫やルークの声を再生したり、
ダンスしてくれたりするんです!
でも、私の発音が上手くなくて、意思の疎通できてない・・・)

46ba9767jpeg









なんにせよ、ちょっと心配です。
本人は、食欲ありまくりだけど。

そうそう、20日に 狂犬病予防注射 してきました。
注射当日、ごはんを食べ遊びたくなっていた時に連れ出しました。
最近買った愛車(中古車)にも慣れたのか、自ら進んで乗り込みます。

8131.jpg

これから注射とも知らずに...。
病院に着くまで、私の危なっかしい運転にも酔わず無事に到着。
(伊佐次は、ほんと車酔いしないね。ありがたいよ、ほんとに。)
そわそわしだしたので、前回の注射を思い出したか?

・・・ダッシュだよ。
ダッシュで病院に入ったよ。
そんなに好きなのか?
受付のトリマーのお姉さんに扇風機のごときしっぽを振りまくり大喜び。
若いお姉さん、好きだもんね・・・。
そして診療室へ。そしたら中にいた先生(男性)にも大喜び!
ちぎれんばかりのしっぽの振り方。
ちょいと、伊佐次さん。
あなた、うちの家族にも、滅多にみせない喜び方してるじゃないの。
ちょっと、寂しいわ・・・。
まあ、怖がって大騒ぎしないだけいいけどさ。

だがしかし、診察台に乗せられると、急におとなしく寝そべった。
前回のこと思い出して来たか?
思い出しちゃった?
いよいよ注射の時、トリマーのお姉さんに頭を抑えられた伊佐次。
だが、お姉さんに触ってもらえるのが嬉しくて、そっちに集中しているうちに・・・
 チクリ
あっというまに終了。

よかったね、伊佐次。これなら、病院も怖がらないよね・・・。
楽しいうちに終わっちゃうもん。
こうして、伊佐次の今年最後の注射は終わったのでした。
得な性格していてよかったのう。


8211.jpg

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
(05/08)
(05/01)
(04/30)
(04/24)
(04/20)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
伊佐次
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 伊佐次がゆく! All Rights Reserved